不動産売却の登記の必要書類は?

家を売るさいにあたってはさまざまな必要書類がありますので、事前に準備しておくのが賢明といえます。特に、所有権などの権利関係をあらわす登記ができるかどうかというのは、買主にとっても関心のある事項ですので、そのための書類がそろっていることが、円滑な不動産売却につながります。
登記に関していえば、まずは権利証または登記識別情報が挙げられます。これは、新築などによって不動産を取得した際に、登記が完了したという証拠として法務局から渡されるもので、要するに所有権をもっているという証拠であるともいえます。買主はこの書類を受け取り、法務局での手続きをすることで、以前の名義を変更することが可能となるわけです。
また、印鑑登録証明書および実印を押捺した委任状も必要書類のひとつとなります。これは、売買による所有権移転がたしかに成立して、買主の側が移転登記をすることを、もとの所有者として承諾しているということを示すものです。印鑑登録証明書のような重要書類の場合、相手が目的外に使用してしまうのではないかと不安になりがちですが、基本的には司法書士のような専門家に依頼をして法務局での手続きをするのがふつうですので、そうした点での心配はあまりないといえます。
そのほかにも、市町村によっては電子的なデータとして法務局に渡っているため、直接的に手続きにあたっての必要書類ではない可能性もありますが、固定資産評価証明書も準備をしておくべきものです。買主が手続きをするにあたって国に支払うことになる登録免許税を算出する上で、その記載事項が参考となるためです。